2人目妊娠の兆候


そう

2人目を妊娠の時は、兆候を見逃し易いって言われるのけど、ホントなの?もしそうなら、見逃さない方法を知りた~い!

こうのとり

確かに、一人目とは環境が違うので、妊娠していることに気付くのが遅れる人が多いね。

今回は、2人目の妊娠の兆候についてご紹介するね!

「2人目の妊娠の兆候にはなにか違いがあるのかな…」

こんな風に悩んだりしていませんか。


毎日忙しく、1人目のお世話に追われていると、自分の体調の変化にも気づきにくいもの。そこで今回は2人目妊娠のときに役立つ兆候とアドバイスをまとめました!


授乳中でも排卵があれば妊娠の可能性アリ!わかりづらい兆候に注意!

一般的には、赤ちゃんに母乳をあげていると、お母さんの体内では、排卵を抑制され、子宮を収縮させたりする働きがあるオキシトシンやプロラクチンというホルモンがたくさん分泌されます。

これが妊娠しにくいと言われる原因なのですが、実は、授乳をしていても、排卵があれば、妊娠します!さらに言うと、第一子を出産後、まだ一度も生理が来ていないのに妊娠した!という方もいます(;゚Д゚)!


生理が再開するタイミングは人それぞれ。なので、再開するタイミングの排卵でちょうど受精すると、一度も生理がないままの妊娠ということになります。

また、一度出産を経験したあとの子宮の状態は、とてもキレイ!フカフカでに着床しやすくなっているため、妊娠しやすい状態です。


では、具体的に授乳中に、妊娠した場合にはどんな症状があらわれるのでしょうか。

よく言われているのは、

  • 授乳中に乳首にかゆみや痛み
  • 違和感を強く感じる
  • お乳の出がわるくなる
  • いつもよりお腹や胸のはりを強く感じる




ですが、他にも、強い胸やけ、眠気、軽い出血や風邪に似た症状もあげられます。

ただ、これらの症状は非常にわかりにくく、後々になって、まさか妊娠していたなんて!と驚くという人も多いです。

大切なのは、いつもと違う違和感を感じた時に、すぐに検査などで確認すること。気付かないまま無理をした…なんてことは避けたいですからね^^


スポンサードリンクス


第二子のほうがつわりや吐き気が重い!?

第二子のほうがつわりや吐き気を強く感じるというママは意外に多いです。一体どうしてでしょか?


実は、お兄ちゃんやお姉ちゃんのお世話、という初産の時は環境が違う為です。

上の子のお世話だけでも毎日大変!ストレスや疲れもたまりやすく、睡眠不足にもなりやすい…。

それらが原因で、つわりを重く感じる人が多いようです(;´Д`)


他にもあった!兆候を見逃す原因とは?

2人目を妊娠に向けて、ちゃんと基礎体温をつけている人も多いと思います。

しかし、夜中の授乳で何度も寝たり起きたり…。当然、体温も乱れがちで、正確にホルモンの状態が把握できませんね(-_-;)


また、産後に体質が変化して、ホルモンバランスも乱れがちになる場合もあります。ホルモンの分泌がうまくいっていないと、体のほてりや、頭痛、イライラ、吐き気などを強く感じたりもしますよね。

つわりや妊娠の経過も子どもによって、まったく違います。なので、必ずしも2人目のほうが強いとはいえませんが、妊娠が少しでも疑わしい場合は、早めに対策をとったほうがいいですので、妊娠検査薬を使うなどして、確かめてくださいね。




なんと、上の子供が教えてくれることも!?

最後にご紹介するのが、上のおにいちゃんやお姉ちゃんが、言い当てること!

まさか、とはお思いになるかもしれませんが、実は私にも実際に経験があります。


まだ、誰にも妊娠を伝えていない妊娠初期に、道を歩いていると、知らない4~5歳くらいの女の子が駆け寄ってきて、お腹をじっと見つめながら「赤ちゃんがいるねぇ、寝てるねぇ。」と言われたことがあります。

もちろん、科学的な根拠はないと思うのですが、上の子が教えてくれた、という話は意外と聞きますよ。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが何かを感じとっているとしたら、なんだか神秘的。もちろん大袈裟に考えることはありませんが、なにか気づいたことがあれば、少し耳をかたむけてみるといいかもしれませんね(*^。^*)




まとめ

いかがでしたか。

今回は、2人目妊娠のときの兆候についてまとめてみました。

毎日、育児に追われていると、1人目の妊娠のときのように、自分の体にも赤ちゃんにも気を配るのが難しいですよね。

これらのヒントを参考にして、2人目の赤ちゃんも楽しみに待ってみてくださいね。

また、2人目の妊娠については、
2人目妊娠のつわり解決法!乗り越える為の3つのポイントとは?

2人目妊娠!初産との違いとは?これで安心3つのポイント!
にも書いてありますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。