妊娠体質の検査


結婚をして、そろそろ子供がほしいなあ・・なんて思っていても、妊娠しやすい体なのか、それとも妊娠しにくい体なのか・・・・

子供をほしいと思っているあなたにとっては、気になるところ。

実際に自分はどっちの体質なのか検査をして、ハッキリしたい!しかし、検査なんてどんなことするのかな?わからない事だらけですよね。

そこで今回は、妊娠できる体質検査について、あなたの悩みを解消するためにご紹介します!

参考にしてもらえると幸いです!




妊娠体質を調べるならこれ!ブライダルチェックとは?

妊娠したいと思っている人が、妊娠できるのかどうかを検査することを、ブライダルチェックと言います。

ブライダルという言葉が使われているだけあって、結婚前に女性がチェックすることが多いです。


もちろん、結婚する予定がなくても、すでに結婚していても検査することができますので、気になっている人は、一度受けて見ることをおすすめしますよ。


そして、この検査で、どこか不妊に繋がるような問題がわかれば、妊娠に繋がるように治療や体質改善に努める!ということになります。

妊娠しやすい身体、つまり不妊症になる確率が低いのであれば、これから先、妊娠の希望がもてますね。


スポンサードリンクス


ブライダルチェックってどんな検査をするの?

チェックは病院によって多少違うことはありますが、どのような検査なのか、説明していきますね。

ブライダルチェックは、おもに、問診・視診・内診・血液検査などがあります。

検査は緊張するし、はずかしいところですので嫌な思いをするかと思いますが、将来の赤ちゃんのためです!

少しの間、我慢して検査しましょう!

問診

 
ここでは、自身の健康状態や、月経の状態、これまでの妊娠有無、流産経験などを聞かれます。

自分の健康状態を再確認するつもりで、自分の体を見つめ直してみてください。答えにくいこともあるかと思いますが、正直に答えてくださいね。

内診・触診

医者によって検査も違うと思いますが、だいたい内診で子宮の状態をみます。


子宮内膜症という病気があるように、子宮の内膜に何らかの異常がないかどうかを調べています。子宮内膜症がよく知られていますが、これは不妊の原因になりうるものです。

早期発見できちんと治療すると治るものですので、発見するための検査も大事ですよね。

赤ちゃんができたら、ベッド代わりになる子宮なので、万全な状態にしておきたいところですね。




卵管チェック

内診に関連して、これも検査しておくこともおすすめしますよ。それは、卵管のチェックです。

卵巣にきちんと卵子がはいっていて、排卵されていても卵子が卵管をとおれないと受精できません。それが、この卵管がつまっていないかのチェックです。

卵管造形検査といわれるものです。


子宮に造形材を注入して、その広がり方をレントゲンで見て、子宮の形や卵管がきちんと通っているのか、腫瘍などがないかなどをしらべることができます。

ただ、人によっては痛みを伴うこともあるようです。

排卵チェック

 
きちんと排卵されているのかどうかを検査します。

女性は、生まれながらに卵巣に卵子をもっていますよね。これが、きちんと排卵されないともちろん妊娠はできません。

月経が毎月ちゃんときていても、無排卵月経の可能性もあるので、調べておくことをおすすめします。

おりもの検査

おりものを採取して、子宮内になにか異常がないかをしらべます。

感染症などの性病の有無も調べることができます。こういったことも不妊につながってしまうので調べておいたほうがいいですよ。

血液検査

血液検査によって、感染症の有無・ホルモンバランスのチェック・風疹の抗体有無などをしらべます。




これらの検査の費用はどれくらいなの?

ブライダルチェックにかかる費用は、平均して2万円から4万円です。保険適用外になります。

もちろん、先ほど上げた検査以外にも受ける検査をうけるかもしれませんので、費用は高くなるかもしれません。

問診の際に、どの検査を受けるのか、医師としっかり相談してみることをおすすめします。だいたいの料金もきいてみるといいでしょう。


最後に

いかがですか?

妊娠の体質検査としてブライダルチェックについてお話しました。

自分がこれから妊娠できるのか、なにか病気があったらどうしよう・・・と不安になることもあるかと思います。

まずは、しっかり検査してみましょうね。