観葉植物で子宝風水


妊活をきっかけに、子宝の風水に興味をもつ女性は多いですね。

風水の中でも、開運アイテムとして欠かせないのが観葉植物。お部屋のインテリアとしても大活躍間違いなしです!

「私、植物のお世話には自信がないし…。」

そんな人でも、一度はチャレンジしてみては?生命力が強くて育てやすいタイプの植物もたくさんありますよ!


今回は、風水で子宝運をアップする観葉植物活用法をご紹介しますね。

見た目にも優しい観葉植物が、赤ちゃん待ちの時間をより快適にしてくれますね(*^。^*)


観葉植物の風水パワー

それでは、詳しく見ていきましょう!

観葉植物は強力なラッキーアイテム

観葉植物には、「悪い気を吸収し、その場の気を浄化する作用」があります。

インテリアとして飾っておくだけで、全体の運気を底上げしてくれる優秀なアイテムですよ!

まずは、リビングや玄関など、取り入れやすい場所にひとつ置いてみることをおすすめします。

ドライフラワー(造花)でもいいの?

ドライフラワーの手軽さと華やかさは魅力的ですね。枯れる心配もなく、水やりの手間もかからないのはとっても便利!

ただし、風水的にはおすすめできません

ドライフラワーは風水的には「死んだ花」とされており、運気にはマイナスの作用をもたらします。

造花もまた「生命力のない花」なので、運気アップ効果はほとんど期待できません。邪気を引き寄せる「ホコリ」が溜まりやすいのも気になります。

「生きている(呼吸している)植物」の力強い生命エネルギーこそ、あなたの運気をしっかりと支えるパートナーになるのです(*^。^*)

植木鉢でも運気をサポート

観葉植物を植える鉢は、プラスチック製ではなく陶器製を選びましょう

土の気をもつ陶器は植物との相性もぴったり。とくに子宝運アップには、丸みのある植木鉢がおすすめですよ!

プラスチックは軽くて丈夫なうえ扱いも楽ですが、植物のもつ風水パワーを弱めてしまいます。なるべく避けてくださいね。


スポンサードリンクス


植物と置く場所の選び方

観葉植物には、たくさんの種類がありますね。

じつは、植物の葉の形や育つ向きによって、風水的な性質が大きく変わります。置きたい場所や目的の運気にあった植物を選ぶことが大切ですよ。

子宝運には丸い葉の植物を!

葉の形が丸い観葉植物は、人の気持ちを穏やかにしてくれます。子宝の運気には、こちらのタイプをメインに選びたいですね。

人間関係や夫婦仲を円満にする作用がありますよ。

一方、先の尖った葉は鋭い気を放ちます。気持ちがイライラしたり、夫婦関係がギクシャクしたりと、子宝には向きません。

人がくつろぐリビングや寝室に飾るのは、避けたほうが無難ですよ。「仕事運アップ」や「悪い気を払う」ために使うと効果的。




子宝に縁起の良い植物

  • 子宝草:葉のまわりにたくさんの小株が増える。子宝に縁起が良い
  • バオバブの木:「生命の木」「幸福の木」子孫繁栄の象徴
  • オリヅルラン:花言葉「子孫繁栄」
  • イチジク:花言葉「子宝に恵まれる」



他にもたくさんあるので、気に入った植物を探してみてださいね!


どこに置けばいいの?

観葉植物は、基本的にどの部屋に飾っても活躍してくれます。しかし、「とりあえず置いておけばいい」というものでもありません!

葉の育つ向きをチェック

上に向かって育つ葉は「陽」の性質をもちます。活発なエネルギーは玄関やキッチンにおすすめ。

下に向かって垂れ下がる葉は、「陰」の性質をもちます。気持ちを静め、リラックス効果もあるためリビングや寝室におすすめ。

部屋の隅・梁が飛び出した場所

部屋の隅(角)は気の流れが停滞しやすい場所です。

観葉植物を置いて「スムーズな循環」を助けてあげると効果的。リビングなら、窓の近くに置きましょう!

天井の梁が飛び出している場所に置けば、悪い気を中和してくれますよ^^

電化製品(テレビや電子レンジなど)の隣

テレビや電子レンジなどの電化製品は、強い気を放ちます。部屋の運気をとくに乱しやすいアイテムなので、観葉植物は有効ですよ!

植物を隣に置くことで、家電が放つマイナスの影響を和らげることができます。お世話に慣れてきたら、ぜひ飾ってみてくださいね。


子宝に観葉植物

愛情と思いやりをもって育てる!


運気アップのポイント

観葉植物を飾る場所は、いつも清潔を心がけましょう。

キレイな環境が、植物の開運パワーを最大限に引き出してくれますよ。また、枯れた葉やホコリを放置するのはNG!

悪い気を引き寄せて運気を下げる原因にもなるので、こまめに取り除いてあげましょう。

「今日も元気そうだね!」

なんて優しく声をかけながらお世話してあげるのもおすすめ。植物が元気に育つための力になり、運気アップに効果的ですよ^^

事前のチェックでお世話に自信を

「絶対に枯らしてしまいそう…。」

そんな不安があるのなら、置きたい場所を決めてから植物を選ぶのも有効。

  • 日当たりが悪い玄関には、耐陰性のある植物を選ぶ(ときどき日に当てる)
  • 気温が下がりやすい場所には、寒さに弱いものを避ける



日照条件・気温・乾燥への耐性は植物によって異なります。思いやりの気持ちをもって選べば、きっと元気に育ってくれますよ!

事前に水やりの頻度やお手入れの方法を確認するのもおすすめ。「すぐに枯らしてしまった」なんて失敗をずいぶん減らせます^^

それでも枯れてしまったら

適した環境でしっかりとお世話をしていても、観葉植物が枯れてしまうことはよくあります。

その場の気を浄化し、マイナスの運気を吸収してくれた結果の現象です。

頑張ってくれた観葉植物には「ありがとう」と感謝の気持ちを込め、生活ゴミの袋とは分けてすみやかに処分しましょう。

枯れた植物をそのまま放置すると、悪い運気を呼び込んでしまうので要注意です!

今後もその場の気がきちんと浄化されるように、新しい鉢植えを迎え入れることを検討してくださいね。


まとめ

植物は生命エネルギーをもった生き物。愛情をもって育てるうちに、「妊活の良きパートナー」になってくれるはずですよ。

ひとつ気をつけておきたいのが「枯らしては大変!」と頑張りすぎること。必要以上にお水や栄養を与えては、かえって植物の負担になりかねません。

妊活も植物のお世話も、険しい顔で必死にやるよりも、笑顔で気持ちに余裕をもって取り組んだほうが、良い結果に結びつきやすいもの。

ぜひ楽しみながら、子宝の運気をあげてみてくださいね^^